業者に頼んだ方が安い

封筒

インターネットでの取引が増えたといっても、郵送する必要はなくなっていません。大きな企業でも個人のショップでも封筒に会社名を入れる時、業者に封筒印刷を依頼した方が安く仕上がります。インターネット上でデータを送ることもでき、翌日の仕上がりも可能です。

企業名を効率的にアピール

グッズ

オリジナルノベルティは企業名を知ってもらうのに有効な広告手段です。無料で便利なものを配布することにより、手にとってもらいやすくなり、企業イメージも向上させられます。ターゲットにあわせて作るものや費用を変えるとよいでしょう。

オンデマンドも可能です

色見本

企画書作成に便利です

企画書を他社と共有する場合には体裁を整えたい場合があります。書類の数が10枚や20枚と増えると目を通す際に不便であることに加え、ページ数が前後したり、いつの間にか1枚だけ紛失するトラブルが起こりうるからです。このようなトラブルを防ぐために企業では受け取った企画書をファイリングするのが一般的ですが、このファイリング作業もまとめて行うとなると結構な作業時間となるので、企画書を他社と共有する場合は冊子として提供する方がスマートなのです。企画書などのようにページ数が限られた冊子を作成するなら中綴じ印刷が最適です。中綴じ印刷とは中央部分をホチキスで止めて作る方法で、開きやすくページをまたいだ写真を利用する際でもレイアウトが崩れにくいのが特徴です。この中綴じ印刷は印刷会社に依頼すれば格安で作成できます。作成依頼の基本は印刷会社との相談です。この際には使用する紙や作成する冊子の大きさなどが確認されます。依頼前にはサンプル品で仕上がりを確認することができるほか、印刷会社のスタッフからアドバイスをもらえるのでイメージ通りの冊子作成が可能となっています。すでに何度か利用している方にはオンデマンド印刷の利用がおすすめです。同じ体裁で企画書を冊子化するのであれば、ネットからデータを印刷会社に送信するだけでスピーディーに作成することができます。中綴じ印刷の指定はすべてネットで行えることに加え郵送先も自由に選ぶことができるので、作成した企画書をダイレクトで取引先に送ることもできます。

料金の安さが魅力です

名刺

名刺は個人でも使う機会が多くありますが、印刷料金を抑えるためには、自分で作るよりも印刷会社に注文する方が遥かに安くなります。ミスプリントを気にする必要が無く、同じ内容で再注文すれば、初回の印刷料金よりも安くなる場合が多くあります。ネットで完結できるため、窓口まで行く必要が無いのも魅力です。